BDRスプリングコース2019

- はじめに -

20世紀末から21世紀初頭にかけて生命科学は飛躍的に発展しました。ヒトゲノム(全遺伝情報)の完全解読に代表されるように生命を形づくる部品のほぼすべてが分かる時代になりました。これからは、それらの部品がどう協調して、細胞という複雑な有機体を作っているのかを理解する必要があります。理研・生命機能科学研究センター(BDR)※では、個体の誕生から死までのライフサイクルの進行を、分子・細胞・臓器の連関による調和のとれたシステムの成立とその維持、破綻にいたる動的な過程として捉え、個体の一生を支える生命機能の解明を目指します。先端的なイメージング技術や、大規模データ統合・解析技術の高度化を進め最大限に活用することで、からだの中で起きている生命現象をシステム動態の観点から理解する、この新しい生命科学のエッセンスを、科学者を目指す学生・大学院生の皆さまと共有するために、初日の講義に続く3日間の実習のトレーニングコースを用意しました。

また、理研BDRでは複雑な生命動態システムを最先端計測・高性能計算・生命現象の再構成を切り口に研究していますので、生命科学以外のバックグラウンドをもつ学生さんも大歓迎です!

阪大・生命機能研究科をはじめとする全国の大学院に学生として所属しながら研究に参加できます。

博士後期課程在籍者は大学院生リサーチ・アソシエイト制度の利用が可能です(待遇等についてはこちらを参照してください)

※(旧)生命システム研究センター(QBiC)は、生命機能科学研究センター(BDR)に組織変更しました。

 

- 概要 -

日程

2019年3月4日(月)~7日(木)

場所

(講義)
理化学研究所 生命機能科学研究センター(吹田市古江台)
生命システム研究棟B 1F大会議室
(12時30分より会場前にて受付を行います)
*意見交換会及びポスターセッション 生命システム研究棟B 1Fロビー(講義会場前)
(実習)
理化学研究所 生命機能科学研究センター(吹田市古江台)
大阪大学生命機能研究科 生命システム棟(吹田市山田丘)
(研究発表会)
理化学研究所 生命機能科学研究センター(吹田市古江台)
生命システム研究棟A 3Fセミナー室

 アクセスはこちら      

内容

初日の講義に加え、3日間の実習コースを予定しています。講義のみの参加も歓迎します。実習コースについては受入人数が限られるため、事前に選考を行います。

1)講義コース(2019年3月4日(月))
 申し込み〆切:  2019年2月15日(金)
 これからの生命科学で活躍したい若い学生さんに向けたレクチャーコースです。BDRの研究室主宰者が講師をつとめます。

2)講義+実習コース(2019年3月4日(月)~7日(木))
 申し込み〆切: 2018年11月25日(日)2018年11月27日(火)締め切りました
 上記の講義に加え、9テーマから1つを選択し、配属研究室における研究活動を体験していただきます(受け入れ人数に限りがございますため、申し込み情報を基に選考を行います)。

※各テーマについては「研究テーマ詳細」をご覧ください。

参加資格

国内大学に在籍する学部および博士課程前期(修士課程)学生。日本語での受講に問題が無いこと。

参加費

無料(実習コースに参加される方を対象に、旅費および宿泊費を理化学研究所が負担します。)

募集人数

100名程度 (このうち、実習コースは20名程度)

お問い合わせ

理化学研究所 生命機能科学研究センター 青木高明
〒565-0874 大阪府吹田市古江台6-2-3
Phone: 06-6872-4810 FAX: 06-6872-2841
Email: bdr-springcourse"at"ml.riken.jp
  (”at”をアットマークに置き換えてください)

 

 

 

 

▲PAGE TOP